スタッフ釣行記 ~ルアー編~

こんにちは。 沖縄店のこうたろうです。

ブログ更新を久しくしていませんでしたが、良い感じに釣果写真のストックが溜まってきたので、ここで更新しておこうと思います。

今回は河川でのサップフィッシングした時のことを書かせていただきます。

若干、マングローブになっているような大きな河川で、サップに乗って岸際ギリギリやオーバーハングの下にトップルアーをピンで打っていくような釣り方です。イメージ的にはバスボートみたいな感じです。やったことないですが。

そんな感じで釣りを進めていくこと20分程度、最初に釣れたのはこの魚。カースビー(ゴマフエダイ)です。沖縄では最近割とポピュラーになってきたルアー対象魚です。

大きさは30㎝程度でしょうか。強烈に引く魚ではないですが、小さくてもトップに出てきてくれて楽しいです。さらにこの時のルアーはヘドン。オールド系なルアーで魚が釣れたのもあって喜びは3割増しです。

今回の釣りでは軽量なルアーをピンポイントに落す必要があるため、キャスト精度がもとめられます。なのでベイトフィネスタックルにPE0.6号とリーダー12ポンドを選択しました。実は前回も同じように釣りをした際に、小さい魚しか釣れなかった為かなりライトめなタックル選択をしたのですが、このあと事件が起きます….

それからほんの15分ほど河を釣り上っていくと、ドッグウォークするザラの後ろがもわっと盛り上がり、その直後ルアーが消し込みます!

あたりが小さかったのでさっきと同じくらいのカースビーかと思っていたら強烈なファーストラン。アルデバランの控えめなドラグ音がなりっぱなし、魚はどんどん深場へ走っていく、サップの下には岩盤が張り出していてラインがそこに擦れる感覚が。

これ取れないかも―と思いつつ、サップを片手でこぎながら岩盤からはなれます。根ずれは回避できましたが、魚は全然上がってこない。一か八か指ドラグでフルリフト。

てもとまで寄せることはできましたがフィッシュグリップしか持っていなかった為ランディングに一苦労。ひきあげることができたのは、

でか。

初良型カースビー。50㎝ 2.2㎏

リーダーを確認するとがルアーから30㎝がボロボロになってました。12ポンドなのによくたえてくれました。釣れてくれてとてもよかったです。この日はこいつに満足して帰りました。

後日、このサイズが釣れるならと超ヘビータックルを持っていったらなにも釣れませんでした。

今回の事からカースビーは結構トップに反応してくれることが分かりました。

イエローフィッシュにはトップウォータールアー沢山用意してあります。是非店頭でご覧になって下さい。

また時間があるときに更新しますのでよろしくお願いします。最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。